無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

審査の仕組みとは?

融資の申し込みをした場合、消費者金融が申込者にお金を貸しても大丈夫かどうかを判断することが審査になります。
では消費者金融の審査の仕組みは一体どうなっているのでしょうか?

 

現在、消費者金融の多くはは、オートスコアリング機能を使っています。短時間のうちに審査を完了することができます。
審査をするのには、パソコン、ATMなどではデータを入力、電話やFAXの場合は必要事項を記入
または口頭で回答することで、申込をした人に関するデータを入手します。
それをコンピューターで照会して、すぐに判断します。
入力したデータを元に審査が通るか通らないかということを瞬時に決めることができるのです。

 

詳しく説明すると、申込者の入力したものを「数値」として置き換えます。
その数値とは、例えば会社員なら2点・自営業なら1点と数字にしていくのです。
消費者金融の方がその数値に当てはめていって、それを合計した点数が基準値を満たしているかどうかで
融資をするかしないかを決めます。ボーダーラインぎりぎりの時は審査員が決めることになります。

 

もう1つは属性モデル像です。
申し込みした方と類似のモデルを作り上げていき、モデルがきちんと返済できるかどうかをチェックします。
モデル=申込者の将来図なのです。
不運な事にとんでもなくヒドイモデルの当たってしまった場合は、融資を断られる可能性もあります。