無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

どう違う?消費者金融と銀行

消費者金融は、「ノンバンク」と呼ばれています。これは「バンク(=銀行)」ではないですよ、ということなのです。
お金を借りれるという面では同じなのですが、ちょっと異なる点がいくつかあります。

 

どこが違うかというとお金を借りる時の仕組みがまったく違います。
住宅ローンなど組む時などに理解される方も多いと思いますが、銀行からの融資は非常に難しいです。
年収や勤続年数などがきちんとしているかが一番重要です。
そして貸してもらえるかという審査になり、返済の担保の手続きまで非常に面倒なことが多いです。

 

銀行からの融資では収入が安定していて、返済がきちんとできるかを事前にしっかりと確認するのです。
安定しているのが1番なのですが、この昨今すべての人が安定しているわけではありません。
銀行は審査が厳しい代わりに、借入の限度額は高い上、利率が低いことが特徴的なのです。

 

一方、消費者金融は収入がそれほど安定していない方でも、お金を借りることができます。
審査も銀行に比べて、それほど厳しくないしとても簡単に手早くお金を借りることができます。
消費者金融のウリはその日にお金が借りられること。銀行ではありえない話ですよね。
消費者金融は、銀行とは逆に借入れ限度額は低く、融資利率は高いのが特徴的ですね。

 

このように、銀行と消費者金融は、お金を借りる以外のことはまったく違っているわけです。
借りたい金額や何に使うのかによって使い分けるのが良いでしょう。
消費者金融は即日に借りたい時・小額ですぐに返せる金額の方に、大きな金額が必要で確実に返済できる方は銀行に、というように選びましょう。
梅田でレーシック手術が受けられる病院はここやぁ!